「熊本豪雨2020情報サイト」がリリース!!SUNABACO有志が中心になって制作・市議会議員も支援

SUNABACO卒業生の有志の呼びかけで制作された「熊本豪雨2020情報サイト」がリリース!!

 

降り続く雨。7/5の熊本豪雨では各地で浸水が多数発生。

八代市では、校区ごとの防災マップは浸水域、避難所などを網羅していた役所のWEBサイトが一時的にダウン。

市民からは、このような状況の中でも必要な情報が集約されたサイトがあれば、との声が…。

 

 

そんな中、SUNABACOを卒業したメンバーからなる「すなばこーず」のメンバーやSUNABACO YATSUSHIROにて「お天気防災講座」を配信している気象予報士・防災士の早田蛍さん、SUNABACOスタッフが中心となり始動、村山俊臣市議会議員のご支援も加わって、「熊本豪雨2020情報サイト」を立ち上げました。

 

 

「熊本豪雨2020情報サイト」のイメージ画像

 

yatsushirohelp.com

 

現時点では元々の八代市のホームページにあったハザードマップや、浸水予想マップ、避難所情報、トヨタ自動車が提供する、通れる道マップ、避難している情報や探している人などの情報をアップできる掲示板などを用意しています。

 

 

さっそくメディアにも取り上げられました!

 

この取り組みが本日、YAHOO!ニュースにも取り上げられました。

 

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/382722928d1c4f9bd33a6c03d9467d64b229575f

 

 

 

7/5の災害を受けて公開まで約2日というスピード制作。

今後も情報を追加しより便利に利用しやすく更新をしていく予定ではありますが、このような取り組みは、SUNABACOが奨めている、ITに明るい人やプログラミングができる人を育成し、従来の行政サービスだけでは解決できない街のさまざまな課題に対して、テクノロジーとマーケティングを活用して解決する市民レベルの取り組みをすることを目的とした、シビックテックイノベーションの好例となりました。

 

 

 

みなさまの拡散でより、必要な人へ必要な情報が届きますように…!

 

 

 


SUNABACOとは?

 

SUNABACOは、全く新しい価値を描こうとするすべての人のための遊び場です。情熱のままに作り上げた砂場の世界のように、あなたの描く未来をここでカタチにしましょう。多様性あふれるSUNABACOに集まった仲間たちが、きっと面白い”つけたし”をしてくれるはずです。ハナハナワークスの生み出すこの最高の遊び場は、ジャンルの垣根を越えたインクルーシブイノベーションを強力に後押しする補助動力として、あなたのチャレンジをサポートし続けます。

 

総務省ICT地域活性化大賞奨励賞2017を受賞したSUNABACOプログラミングスクールの情報はこちらから

 

・CONTACT・

問い合わせ先