Post Internet Innovation 〜佐世保市講演会レポ〜

佐世保市で行われた日本機械学習ロボティクス・メカトロニクス部門主催講演会「テクノロジーの魅力と、ミライのつくりかた」に、SUNABACO代表ナカムラが登壇させていただきました。

本記事は、ナカムラのトーク部分にについての概要まとめです。さらに詳しく知りたい方はYouTubeで限定公開していますので、そちらもチェックしてみてください。


* この記事のコンテンツ *

1、情報が物理世界を拡張するということ

2、コミュニケーションはベクトル

3、「ガラスをこする」からの解放

                                        

1、情報が物理世界を拡張するということ

インターネットが生まれ、今日までの間に、それより前の時代の人たちがこれまで聞いたことのないビジネスがたくさん生まれてきました。これらの新しいビジネスは、YouTube、Twitter、Googleなど、インターネットを起点としたイノベーションです。

それが今、AIの発達や、通信速度が早くなってきたことにより、世界が変わろうとしています。インターネットがイノベーションの源泉だったということが、変わろうとしているのです。

インターネットは物理を情報にしてきました。

そして今、情報が物理世界を拡張しています。言ってしまばARやVR、XRなどのようなものです。


ただし、今一般の人が見ている、知っているものとは少し違います。今知られているものは視覚、見ている世界だけの拡張ではないでしょうか?


例えば今、私はエアポッドをつけています。これの何がすごいかというと、周りの声が聞こえている状態で「Siriとだけ会話」ということができます。

これは聴覚の拡張です。皆さんと話しながら、外部音を取り入れることが可能なのです。

車の運転に必要な情報を遮断することなく、Siriがニュースの読み上げしてくれるということもできます。

ホロレンズのような重い道具を使わなくても、「Googleグラス」「ARグラス」といった小さなもので、ものすごい世界が広がります。我々の世界を拡張するような世界ができ始めているのです。

                                     

2、コミュニケーションはベクトル

コンピューターはインターネットを使ってとても便利になりました。

ただし、ユビキタス社会といわれる今の社会は、人間からアクションを起こして、能動的に使わない限りその便利さを使うことはできません。自分で検索しない限り使えないのです。


自分から調べるということは、調べる対象に興味をもっている人にしかできません。


これが、AIやセンサーが発達してきてから、センサーや機械側が「人間を感知して人に働きかける」ということが可能になってきています。


Siriに話しかけて答えてもらうという世界から、「この人はこういうの好きだよね」

「こういうことしそうだよね」ということを教えてくれる「アンビエント社会」がやってきます。インターネットによるイノベーションが終わって新しい世界が来る。それが今です。


これは、人間とコンピューターとのコミュニケーションが変わるとも言えます。自分から能動的に動かない限りコンピューターが使えなかったことが、向こうからアクションをおこしてくれるようになります。


そしてこの、向こうから働きかけてくれるか、自分から働きかけるか、ということは、コミュニケーションにおいては大きなことです。


例えば、気まぐれな猫に、「おいでといって自分で撫でる」と「猫からすり寄ってきてまとわりついてくれて撫でる」ということを比べるとどちらが嬉しいでしょうか。同じ行為でも、相手から求めてきてくれる方がすごく嬉しいですよね。


コミュニケーションは、どちらが起点になるかはとても重要です。内容や質以前にどちらからアクションをするかは重要なことなのです。


これからは、たくさんのセンサーを配置して、普段の個人の情報がカスタマイズされ、そこから様々なことを予測して「あなたこれ好きだよね」をコンピューターから働きかけてくれるコミュニケーションの形が可能になるのです。

                                     

3、「ガラスをこする」からの解放

さて、今までは人間からコンピュータにアクセスする時はブラウザに向かっていました。インターネットが起こしてきたイノベーションの中でずっと変わらないのは、操作はグラフィカルユーザーインターフェイスということです。


この操作から人類が解放されたらどんな未来が待っているでしょうか?


友人のGOROmanさんは「まだガラスこすってるの?」と言います。

今や「Hey!Siri!」といえばたくさん情報が入ってきます。

そして今度は、「これはこの人」いうことを理解して、予め必要な情報を教えてくれるようになり、「今ひまかな?」と言うときに話しかけてくれるようになります。リアルに対して実体をもたなくなる、バーチャルにとけてくるという未来がおこってきます。


声で操作することによって解放されるのは手です。「ながら」の作業も簡単にできるようになります。


第二の開放は目です。日本人は下を向いて歩いている人が多いですが、前を向いて歩けるようになります。


さらに、ユーザーは学習から解放されます。


声で「なんとかして!」ができると、「iphoneからAndroidに変えたら使い勝手が違うから覚えないといけない」「スマホ新しくなるたびに学習しないといけない」というような学習コストから解放されるのです。


誰もが水や空気のようにその存在を意識せずに使える。常にどんなところでも、自分のことを理解してくれるコンシェルジュがいてコメントしてくれたり操作してくれる。


全ての人が恩恵に預かれる社会が来るのです。

おわりに

最後にお伝えしたいことがあります。


今や変化は一瞬で、予想ができません。10年かかるな、は3年で実現したりしています。


ですから、市場ができてから準備しても仕方がありません。市場ができたときにスタートラインに立っていなければなりません。


だからこそ、いろんな情報をとることを習慣づけ、チャレンジして体験をしてその情報が正しいかどうかを判断することがとても重要です。


体験をして情報が取れるようになると未来を予想できるようになります。


そうして、市場ができたときにスタートラインに立てるようにしておくことが今とても必要とされているのです。


YouTube・・・Post Internet Innovation

Zen for StartUp 〜今、ここに集中する〜

 大人気のトークイベント「Zen for StartUp」がSUNABACO EBETSUで開催されました。

 スピーカーはSUNABACO代表のナカムラマコト、後半はゲストスピーカーに道弘寺の栗原氏を招いて、起業の時に現れる様々な困難、それに立ち向かうメンタルの強さ、そして、自分の精神を安定させ冷静な判断をするためのヒントについて話していただきました。

 ポイントとなることをまとめましたので、参加したけれどもう一度復習したい方も、参加できなかったという方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

*******************
1、「努力は実る」はウソ
2、「今、ここ」
3、ニュートラルな状態を維持する

*******************

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
1、「努力は実る」はウソ

 「頑張ればなんとかなる」「努力すれば報われる」という言葉をよく聞くが、これは正しくはない。ただ努力しているだけでは、その努力は実らない。有益な努力をしていないと意味がないのだ。

 しかし、ついつい私たちは「私はこんなに頑張ってるのに」と思ってしまう。

 また、「この方法はよくないよ」「もっとこうした方がよいと思うよ」という指摘やアドバイスを受け入れることができない。

 なぜなら感情がジャマをするから。

 人間は自分のダメさを認めることが苦手な部分があり、「恥ずかしい」「能力がないと自分で認めるのはイヤだ」という感情が、自分をアップデートする機会を阻害してしまう。さらに、感情が先走ると言い訳をしてしまう。

 だからまずは、ほんの少し他人の目で、高いところから俯瞰するように自分を見ること。そして「これは有益な努力か?」「この指摘は何を言わんとしているのか」ということを感情を排除した状態でいったん受け止めて、判断すること。

 そうすることで「自分の努力は有益か」「この人が言っていることはメリットがあるか」を好き嫌いではなく、冷静に取捨選択できるようになる。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

2、「今、ここ」

 では、どうしたら感情を排除することができるのだろうか。

 それには「我」を捨て、「今、ここ」に集中すること。

 「私の方が正しい」「私の方ができる」という「私が!」「私が!」という我を通して世の中と接していくと、周囲と軋轢(あつれき)が生まれるのは経験から誰もがなんとなく感じていることだ。

 また「我」があると「周囲からこう見られているかも…」という余計な考えが生まれ、新しい一歩を踏み出すための判断や行動を遅らせてしまう。

 だからまずはこの「我」を捨てるよう心がける。

 そして、「過去を憂いて未来を心配する」というようなことをしない。

 「あの時うまくいかなかったから、今度もうまくいかないかも」と思うことがあっても、人間はらせん状に成長している。過去と同じように見える景色でも本当は一段高いところから景色を見ている。

 しかし、「今ここ」を見ずに過去に囚われていると、過去にはいなかった自分を支えてくれる存在や、自分が身につけたスキルなど、今の状況や変化をピックアップして考えることができなくなってしまう。

 囚われていることがあればあるほど、目の前にあることが見えなくなる。

 こだわりや執着を手放し、「今ここ」に集中する。

 自分がニュートラルな状態でいることが、最も力を発揮できるのだ。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

3、ニュートラルな状態を維持する

 しかし、そもそもニュートラルな状態を作ることができないと感じる人も多い。

 それにはまず「形」を学んで行動にうつすこと。ロジックだけでは「自分をニュートラルにすること」は身につけにくいが、形を真似していくこと(行動すること)でだんだん心が追いついてくる。

 勉強はすればするほど知識が増え、判断の要素を増やせるが、「こうあるべき」という囚われの要素も増えてしまう。先入観は「我」。これは物事の本質を見えなくしてしまう。

 そこで、ロジックだけではなく、行動をすることでその囚われを外していくことが必要になる。行動をすることで見えてくるものがあるからだ。

 禅でも、与えられた空間で徹底的に作法を身につける。最初は全くできないことでも、見よう見まねで真似していくうちに、だんだん「様」になってくる。

 そしてその形を追い続けると、やっていることの意味を考えはじめ、次第にその意味がわかるようになってくる。

 こうしてロジックと行動とを半々で進めていくことで、徐々に心が追いついてくる。そうすると囚われることなく、自分が快適な状態、良い状態を少しずつ維持できるようになってくる。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

 有益な努力をしているか自分の心を常に見張り、できる限りニュートラルな状態でいられるよう、自分の状態を認知していけるように、焦らずにひとつひとつ前に進んでいきたいですね。

 以上、トークイベントの概要でした!参加されたみなさん、読んでくださったみなさん、ありがとうございました!